インプラントの種類【宮本歯科インプラントクリニック】

加古川 宮本矯正歯科 ロゴ
〒675-1115 兵庫県加古郡稲美町国岡2-6-9
宮本歯科 インプラントクリニック
予約 0120-102-418 無料相談メール
インプラントを成功に導く最先端技術 光機能化インプラント
TOPページ
歯を失って悩んでいませんか?
インプラントとは?
従来の治療との違い
インプラントの種類
光機能化インプラント
治療の流れ
CTを撮るのはなぜ
インプラント QandA
治療費と保証について
患者様の声
宮本歯科のスタッフ紹介
初診の方の受付は
18:30 土曜(18:00)
GoogleMap
宮本歯科医院オフィシャルサイト
インプラントの種類
当院で使用しているインプラントについて
整形外科分野のインプラントをはじめとする、インプラントメーカーのパイオニア的存在で、世界シェアは第3位、世界最大規模を誇るZimmerグループの歯科用インプラントシステムです。
米国カリフォルニア州に本部を置き、グローバルなネットワークは47を超える国にひろがっています。 Zimmer社のインプラントはあらゆるニーズへの対応を可能にする豊富で多彩なパーツをラインアップし、世界の潮流でもあるシンプルな術式は患者様と歯科医双方の負担を軽減します。
1974 年に開発されて以来、世界40ヶ国以上で使用され、もっとも信用されているインプラントの一つに数えられています。
各専門分野のエキスパートによって構成された営利を目的としない国際的研究チームITIと、骨整形外科分野で40年余りの実績を持つスイスのストローマン(Straumann)研究所が共同開発をしてできたインプラントです。
日本で最もシェアの広いインプラントシステムで、他社のインプラントと比べて治療期間が最短6週間と短く1回(SLA)の手術で可能な代表的なインプラントです。他社と比べると短いインプラントの植立が可能なため、顎の小さい日本人には最適で、神経や血管を傷つける可能性が少ない安全なインプラントです。
1965年にスウェーデン人のProfessor P.I. Branemark(ブローネマルク教授)により、世界で初めて骨と結合するインプラントが歯科医療に臨床応用されてから、40年以上が経ちました。] ノーベルバイオケアの社名は、ノーベル賞で有名なスウェーデンのAlfred Nobel氏により設立された企業に由来しています。
40年以上の歴史を持ち、世界シェアNO.1に加えてブローネマルク教授が発見した、骨に結合する歯科インプラントを世界で初めて展開した近代インプラントシステムのパイオニアです。
高い成功率
現在インプラントの処置10年経過後の定着率は94.7%(ノーベルバイオケア社製インプラント)と高い数字を誇っています。
 
近年のインプラント治療は、その定着率の高さを見ても以前に言われたような「とんでもない治療」という表現はまったく当てはまりません。
 
もし高い失敗率があるとすれば、それは術前診査の不備、体調チェックの怠り、そして歯科用CTスキャン画像なしでの処置など何らかの不備があった場合と考えます。
最先端の治療方法
All-on-4(オールオンフォー)
「All-on-4(オールオンフォー)」は総入れ歯や多くの歯をなくした方へのクイックインプラントシステムです。インプラント処置時にしっかりとした固定が得られれば最少4本のインプラントを使い、短時間で固定式の仮歯が入る特別な治療法です。
機能性
固定式の仮歯を治療当日に入れられるオールオン4。安定した固定が得られれば、治療したその日に噛むことができ、普通の食事が可能です。
快適性
出血・腫れ・痛み・長い治療期間...。いずれも治療時における、どの患者様にも共通の不安です。埋め込み本数を減らすことで、治療時間を短縮したオールオン4ならこれらの悩みを払拭します。
経済性
今まで全ての歯がない場合、10?14本のインプラントによる治療が一般的でした。必要なインプラント本数が最少4本に減ることにより、治療費負担を大幅に軽減させることができます。
大口式インプラント法
骨をほとんど削らないため、痛みも少なく、出血も少ない、より安心・安全な治療方法です。
従来のドリルを使って骨を削り、人工歯根(インプラント)を入れる手術は骨の幅が狭いと骨移植や、骨造成が必要な場合もあります。この場合にはお口以外の部分に痛みが発生して、入院が必要な場合もあります。
 
大口式インプラント法では、骨表面に小さな穴を開け、専用器具を用いて穴を少しずつ広げ人工歯根を入れることができます。骨を削る作業が少ないため、歯科特有の不快な音や振動も少なく、快適に治療が受けられます。
手順
小さなレバー(直径0.5ミリ程度)でインプラントの位置決めをします。麻酔をしているので痛くなく、小さなレバーを使用して1秒程度の作業です。
次に細いリーマー(針灸治療の針のようなもの)で専用器具の通り道をつくります。手動ですから音も殆どありません。
次から専用器具(※オーギュメーター)を使用して穴を広げます。細い骨でも少しずつ広げて太くします。
太さを代えてだんだん穴を大きくします。
必要な穴の大きさになるまで器具を取り替えながら徐々に広げていきます。手作業で丁寧な作業を行います。
骨とインプラント体が結合したら歯が入ります。
※当院院長は、OMA(大口式インプラント法)認定医を取得しております。
-このページ上へ-
MIYAMOTO Implant Clinic
〒675-1115 兵庫県加古郡稲美町国岡2-6-9 医療法人 宮本歯科医院 代表 079-492-0180   予防室 079-492-8461

 
大きいGoogleMap
加古川矯正歯科のお電話でのご予約は0120-102-418